◇ 観劇前 ◇ VOICARION 女王のいた客室

クリエプレミア音楽朗読劇 VOICARION

日程 2016年9月1日[木]・2日[金]
前売開始 2016年6月25日[土]
会場 日比谷 シアタークリエ
原作・脚本・演出 藤沢文翁
作曲・音楽監督 小杉紗代
出演 平田広明  アレクサンドル・パーレン
山路和弘  マイカ・デミドフ
水夏希   エレオノーラ
竹下景子  マダム
公演概要 クリエ プレミア音楽朗読劇 『ヴォイサリオン』
http://www.tohostage.com/voicarion/
STORY
誰も知らない、もう一つのアナスタシア物語
「女王がいた客室」

本当だよ・・・
このホテルの従業員は皆、ロマノフ王朝の生き残りなんだ
嘘じゃないよ!
パリへ亡命してきた貴族達なんだ・・・
ポーターは伯爵家執事
フロントクラークは男爵
包丁を磨いているシェフは近衛連隊長なのさ
嘘だと思うなら、コンシェルジュにぶつかってみなよ
きっと馬鹿に礼儀正しくお辞儀をするはずさ・・・・

20世紀初頭のパリを舞台に、
ロマノフ王朝最後の生き残りとなった貴族たちが織り成すヒューマンドラマ。
それは、アナタがきっと宿泊したくなるホテル。

※感想を閲覧・投稿する前に以下の注意事項をよく読んだ上で閲覧・投稿下さい。
ご利用になる方は、以下注意事項に同意したものと致します。

  • こちらは【観劇前のコメント】を書き込む掲示板ですので、ネタバレは絶対におやめ下さい。
  • 書き込む内容は、作品に関係することのみにして下さい。
    本webサイトへのご意見、投稿の削除要請、その他に関してのお問い合わせは、メールフォームをご利用下さい。
  • 投稿された感想は、作品の細かな内容を含んでいる可能性がありますので、閲覧する際はご注意下さい。
  • 短時間での多重投稿はおやめ下さい。
  • 他の投稿者への誹謗中傷及び個人情報を特定できるような書き込みは絶対におやめ下さい。
    感想は、ご観劇頂いた人それぞれ違うものです。
  • 作品に関係のない内容や、他人が不快に感じる内容と管理側が判断したときは、削除対象となります。
  • 本webサイトのご利用により、利用者がなんらかの損害を受ける状況が発生した場合でも、一切の責任は負いません。
  • ご観劇の日時をご記入下さいますと、より分かりやすいです。
  • 「お名前」の欄に「演劇ライフ」で利用したハンドルネームがある場合、その名前で投稿して下さると嬉しいです。
  • 本webサイトは、レイアウトやシステムなど変更する場合がございます。予めご了承下さい。

感想を投稿する

◇ 観劇前 ◇ VOICARION 女王のいた客室」への4件のフィードバック

  1. MINATO

    本日、千秋楽を観劇いたします。
    観劇前にへんに予備知識をつけないようできるだけ情報を入れないようにしてましたが、それでも入ってくる皆様の感激の感想。

    え、泣かされるの?ダンディさにやられるの?何それ・・?というような話ばかり(かなり良い意味で)。

    緊張してきました。
    観るだけなのに、胃が痛い(笑)
    観劇前にこんな緊張するなんて、初めてです。

    おそらく、いつも素敵な舞台を作る藤沢氏の仕掛けを全て見逃したくないというドキドキ感と、これでこの舞台は最後という寂しさと、観られる嬉しさと、色んな感情が入ってるのかなぁ・・

    平田氏の存在のおかげ?です(笑)

    では、千秋楽、楽しみにしております。

    頭も心も空っぽにして参ります。

  2. twinsまま

    只今、新幹線の車中です。
    公式Twitterがアップしてくださった 集合写真にドキドキ
    素敵コンシェルジュなお姿を生で拝見したらたおれちゃうかもです

  3. きあろん★

    「虎よ、虎よ」が千龝楽を迎えたのに、まだ「終わった」という実感があまり持てないのですが(寂しくて…)
    でももう「VOICARION 女王のいた客室」は明日に迫っているのですよね!
    確か先週の水曜も「明日から平田さん!明日から平田さん!!」と思った覚えがあります。今週の水曜もそんな気持ちで過ごせるなんて幸せです。
    義龍がとうとう刀を抜いた時「ニヤリ」と笑ったあの切ない心情はひとまず忘れ(涙)ロマノフ王朝の貴族達にお会いできるのを楽しみにしています。

    先日webに載ったインタビュー読みました。
    念願叶って山じぃさんと(←すみません!)舞台での共演、おめでとうございます!
    「女王の~」の配役を読んで「これはとても山路さんな役だなぁ」と生意気にも思ってましたら当て書きだとか。(?)
    藤沢さんの描く山路さんが楽しみです♪
    そして、平田さん。
    「自分と遠いキャラクターに化ける」とおっしゃってますが、いえいえ!
    平田さんの舞台でのお芝居は、どこか何か上品な空気を纏っているというか、勝手に印象を持っていますので、そんなに遠いキャラ設定じゃないかなぁと思っております。
    逆に「中途半端におちゃらけた役どころ」をあまり観劇したことがないような…あ、道三さんは前半そんな雰囲気だったかもでした。
    藤沢さん作品は「クリスマス・ノストラ」のまま自分の中で止まってます。平田さんの、冷酷の中にも憂いがある重厚なお芝居を見せていただきました(感涙)
    今回はさらに動かない・叫ばない大人な役とのこと、素敵なお芝居を見せていただけるのでしょうか♪
    でも、マイク前で動きまくって今にも体から役が飛び出しそうなお芝居も大好きなので(チャップリン口演の可愛さが忘れられません)カロリーが余りそうでしたら、少し動くコンシェルジュも観てみたいです♪

    ほんの2~3日前まで激しい動きをされてたので、お怪我などされてないか心配です。
    役者さんとして充実の毎日かと思いますが、どうぞご自愛…するお時間は少ないかもですが、ご自愛くださいませ。
    長々と失礼しました。

  4. トチノカ

     以前、私事の話になりますが、旅先で趣のある素敵なホテルに宿泊したにも関わらず観光にいそしみ、今思えばホテルの雰囲気をのんびり満喫したかったな、バーでお酒のひとつでも飲めばよかったな、と思っているホテルがあります。(後からなら、幾らでも言えます。ただ単に気後れしてただけです)
     今度、宿泊する際はホテルから一歩も出ないぞくらいに決めてます。宿泊予定は未定です。なんの感想だろうと思われてるかもしれません。
     私が言いたかったのは、どんなホテルで、どんな人達に出会えるのか楽しみにしているという事なんです。因みに、ロシア語の音楽を聴いたことがありますが、美しい響きだなと思った反面、発音難しそうだなと思ったことがあります。スラスラなロシア語を聴く日…もとい舞台を楽しみにしております。
     それから、舞台にはホテルに泊まりに行く気持ちで、お願い事をしてみようと思います。

感想をお書き下さい

メールアドレスが公開されることはありません。