◇ 観劇前 ◇ 朗読能シアター 殺生石


朗読能シアター 殺生石

日時 2014年5月10日[土]・11日[日]
前売開始 2014年2月19日[水]
会場 東京芸術劇場 シアターウエスト
脚本/演出 高橋郁子
語り 甲斐田裕子 津田健次郎 渡辺大輔 平田広明
音楽 中田太三 中村香奈子
公演概要 和の会 ホームページ
http://www.hosho-wanokai.com/news/
「殺生石」あらすじ
近付くものすべての命を奪うという「殺生石」。
それは天竺・唐・日本の三国に渡り、美女の姿で権力者を惑わせたものの、
ついには安倍泰成らに退治された九尾の狐の執心が石となったものでした――。
本公演では、妖女玉藻前が日本に辿り着く以前の物語を冒頭に据え、
妖女を取り巻く男たちのドラマとともに、
時空を越え、能『殺生石』の世界へと皆さまを誘います。

※感想を閲覧・投稿する前に以下の注意事項をよく読んだ上で閲覧・投稿下さい。
ご利用になる方は、以下注意事項に同意したものと致します。

  • こちらは【観劇前のコメント】を書き込む掲示板ですので、ネタバレは絶対におやめ下さい。
  • 書き込む内容は、作品に関係することのみにして下さい。
    本webサイトへのご意見、投稿の削除要請、その他に関してのお問い合わせは、メールフォームをご利用下さい。
  • 投稿された感想は、作品の細かな内容を含んでいる可能性がありますので、閲覧する際はご注意下さい。
  • 短時間での多重投稿はおやめ下さい。
  • 他の投稿者への誹謗中傷及び個人情報を特定できるような書き込みは絶対におやめ下さい。
    感想は、ご観劇頂いた人それぞれ違うものです。
  • 作品に関係のない内容や、他人が不快に感じる内容と管理側が判断したときは、削除対象となります。
  • 本webサイトのご利用により、利用者がなんらかの損害を受ける状況が発生した場合でも、一切の責任は負いません。
  • ご観劇の日時をご記入下さいますと、より分かりやすいです。
  • 「お名前」の欄に「演劇ライフ」で利用したハンドルネームがある場合、その名前で投稿して下さると嬉しいです。
  • 本webサイトは、レイアウトやシステムなど変更する場合がございます。予めご了承下さい。

感想を投稿する

◇ 観劇前 ◇ 朗読能シアター 殺生石」への20件のフィードバック

  1. nano

    昨日は公演初日おめでとうございました!
    私は本日千秋楽観劇の予定でしたが、居ても立っても居られず昼公演を目指して地元を出発しました!

    那須の殺生石は昨年の夏りんどう湖の帰り道に立ち寄りました。硫黄の臭いと積み石、沢山のお地蔵さまが立ち並んでいる様は、想像していたような禍々しいものではなく、なんとなく懐かしいような不思議な雰囲気でした。

    朗読能の舞台での殺生石の世界は、どんなものなのか、とても楽しみにしております。

    平田さん、津田さん、甲斐田さん、渡辺さんという、大好きな役者さんばかりの演じる舞台を観ることが出来るのが夢のようです。

    平田さん、津田さん、甲斐田さん、タイバニチームの息のあった演技はもちろんのこと、渡辺さんは、以前有頂天家族の舞台を拝見したときに、とても素敵な声とコミカルな演技のギャップが堪らなかったので、この4人の皆様の共演されることが本当に嬉しいです。

    楽しみにしております!

  2. そよ

    公演初日おめでとうございます。

    若い頃、那須の殺生石には、何度が訪れたことがあるのですが、
    何とも言えない妖気のような物が漂っているような感じでした。
    当時はあの殺生石にどんな伝説があるのか、スルーしてしまいましたが、
    今になり、とても興味が湧いています。
    千穐楽を観劇させて頂くのがとても楽しみです。

    終演後のトークショーも楽しみにしています。
    扇子、持って行きますね。

  3. 千鳥

    ついに今日から朗読能「殺生石」が始まりましたね!
    私は明日観劇に行くので今から楽しみですv第1回から見始めて、今では朗読能の世界が大好きになりました!
    平田さん、甲斐田さん、渡辺さん、津田さん、和の会の方々、スタッフの皆さん、頑張って下さいね!

  4. きあろんろん

    とうとう明日からですね!
    ドキドキとワクワクで胸がいっぱいです。
    殺生石の理解を助けるように、知っておいた方がいい歴史背景などあるかなぁと、その後も少しサイトなど見てはみましたが
    あとはもう高橋さんの脚本と、当日のみなさんのお芝居や醸し出される雰囲気に、思いっきり身を委ねたいと思います。

    平田さん、いえ、広明くん?
    書き込みありがとうございます。とっても嬉しいです。
    夜遅い時間まで起きてらっしゃるんだなぁと驚きました。
    模索されたという朗読ならではのお芝居が観て聴けるのを、とてもとても楽しみにしております。
    一人きりで朗読されるのとみなさんで掛け合いされるのとでは、また全然違うと思いますし、本番で回を追うごとに変化していくかもですし、きっと格闘は尽きませんね。

    たまこさん!今回もプチルポありがとうございます♪
    前回の書き込みからすぐさまお返事をしたいほどに嬉しかったです!
    色々と気になる事が書いてありますが…3mmとは…!?
    当日のお楽しみ(仮)を楽しみにしてますね。

    今日は最終の仕上げをされるのでしょうか。
    明日と明後日、みなさんの持てる力が最大限に発揮されて、
    美しく、妖しく、そして悲しい世界に引き込まれる事をドキドキワクワク期待しております。

  5. にゃんフェ

    「殺生石」の舞台がいよいよ明日になりましたね。
    近付くものすべての命を奪うという「殺生石」の物語に期待が膨らみます。
    妖女を取り巻く男たちのドラマ。どんなドラマなのでしょうか?
    艶やかな舞台を想像して、ワクワクしています。

    初演の「船弁慶」の舞台を拝見して以来、能独自の凛とした空間に身を置くことができる時間がとても好きになりました。
    明日がとても待ち遠しいです。

    公演の成功をお祈りしております。

  6. 嘉奈

    朗読能シアター観劇は初めてです。前回は参加出来ず、ずっと参加したいと思っていました。今回はようやく念願観に行けてとても嬉しいです。
    「殺生石」とは一体何なのか楽しみにしています。能は学生時代に勉強しに先生と一緒に観に行きました。奥が深くて日本人で良かったなと思いました。
    能だけど朗読・・・どんな風に演じ読んで頂くのか平田さん始め出演者の皆様に注目したいと思います。
    参加日は11日(日)です。参加者の皆様、平田さん、出演者の皆様、スタッフの皆様、よろしくお願い致します。
    お身体にご自愛下さい、最後まで頑張って下さい、応援します。

  7. sana

    急な法事の為行くことができなくなりました。
    楽しみにしていたのでとても残念です。

    私は観劇することはできませんが、
    当日の舞台のご成功をお祈りします。
    そして、次回作があることを期待しています。

  8. 相棒チラリ

    ちょうど一年前に初めて狂言を見て以来、狂言には何度か足を運びましたが
    何となく能は難しい気がしてまだ観たことがありません。
    でも朗読という形でならわかりやすく、より能の世界を楽しめるかもしれませんね。
    公演の成功をお祈りします。

  9. まぁちゃん♪

    今回、初めて能楽を拝見させていただきます!!
    それも朗読能という形です。
    緊張感もありますが楽しみで仕方ありません。
    日本の古典に触れられる機会を作っていただいて、ありがたく思います。

    体調などに気をつけて頑張ってください!

    あと少しだと思うと、ワクワクドキドキです。

    初心者ですが、よろしくお願いします。

  10. 麻夕

    また東京ですか?
    いつも平田さんの出演され舞台見に行きたいと思っても東京なので見に行けません(泣)
    いつになったら生平田さんが観れるんでしょう?
    いよいよ今週の土日ですね。
    お怪我なのされないよう気をつけてください。
    いつか平田さんに会えるのを楽しみにしています。

感想をお書き下さい

メールアドレスが公開されることはありません。